スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000円カット

私は基本的に髪の毛は切ってもらえればいいという信念の人なので理容室の一通りの流れっていらないのです。(髪切ったら即家に帰ってシャンプーするので)ということなのですが、私は大学生になるまでいわゆる「と○○さん」(←と○○さんは確か放送禁止用語なので気をつけよう!)理容室に行っていました。学生になって初めて「美容室」デビューしたのですがこれがまたイイっ!なぜかというとカットのみとかいうメニューがあるから。。美容室は4000円位平均でするけど美容室はカットのみとかだと2500円位で出来たりするし。ということでそれからはもっぱら美容室(美容室って言い方なんかオヤジくさいけど理容と美容区別する為にあえて)に通っていました。

そんな中私に救世主が現れました、今ではすっかり多くなった通称「1000円カット」まさに私のニーズをとらえた商法。ここ数年はすっかり常連です。

↓私が最近良く行く「3Qカット
3QCut2.jpg

ここ5年位でかなり増えてきました。大きいところだと写真のお店、熊本市を本部および発祥の地として全国にフランチャイズする「3Qカット」。首都圏の人にはおなじみ「QBハウス」なんかが挙げられます。私が以前、横浜の瀬谷というところに住んでいた際によく隣の「大和駅」を利用していたのですがその駅中(相鉄線のホーム内)に1000円カット(QBハウス)が出来てこれは便利だ!といたく感激したものです。いまでは全国津々浦々一杯あって私には嬉しい環境です。

ところで1000円カット利用したことがある人はお馴染みでしょうが、ない人のために説明します。
①お店に入って券売機でカードを購入(もちろん1000円)
②カットしてもらう。
③シャンプーはありません!
という流れで約10分で完了です。最近は女性が前髪だけちょっと切りたいというときに利用したり(随分入りやすくなった)、子供の髪を切りに(ビデオ見せたりとか車の形した椅子とかに座らせて切ってもらえる)と結構場に合わせて使えるカットハウスです。
ここで疑問に思った方いませんか?③のシャンプーがない、ということ。美容室なんかではシャンプーをつけなくても流しっていって一応水で流してくれます。ただ基本的に1000円カットでは流し台自体がありません。そこでどうやるのかというと「ホースで吸い取る」んです。髪切った後、鏡台の横にあるホースをずるずる出してスイッチオン!誰が聞いても解る掃除機の音です。もちろん見えないですが間違いなく掃除機です。あの音。

以下またまたへたくそな図解↓
Cut.jpg

とはいうものの本当にちょっと髪を切りたい人には本当にいいアイデアです。このビジネスモデルを考えた人に私は勝手に賞状挙げたいくらいです。まだ行ったことがない人も一度あの「掃除機らしき」吸引を味わってみませんか?(笑)もちろんカットの技術はスタイリストさんごと違うわけで、どんな店にいようが上手い人は上手い、それなりな人はそれなりですから。TPOに合わせて使えば決して悪いものではありませんよ。私は常に1000円カットで事足りてますから!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

夕刊フジBlogTitleList

Various Scenes

QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

yoshisuga

  • Author:yoshisuga
  • 茨城出身で茨城を飛び出した後、関東の海あり都県を移り住んで現在故郷の茨城にUターン。

    ●管理人への連絡方法●
    ご意見・お問い合わせ等ございましたら、下記メールフォームより用件を入力頂き送信をして頂ければ管理人へメールされます。もしくは、各記事より管理人にのみ表示にてコメントをして下さい。どちらでも閲覧者には匿名になります。メールアドレス記載頂ければ後ほどこちらから返信致します。お手数ですが宜しくご理解のほどお願い申し上げます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
記事を読んだら。
記事を読んでその場所に行きたくなったらここで予約をするがいい!

Amazon.co.jp
お買い物はアマゾンでしょ!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。