スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代育成支援対策推進法って?

「次世代育成支援対策推進法」(2003年7月制定)という法律が4月1日から施行されました。この法律って何?ということでちょっと調べてみました。

次世代育成支援対策推進法・・最近の少子化は国の経済社会などに深刻な状況を与えかねないとの考えから、国・地方公共団体・企業などが一体となって対策をしていきましょうという考えから生まれた法律だそうです。次世代に生まれてくる子供たちを健全に健やかに育てていく為の環境整備を行う「次世代育成支援対策」を進めるために、国・公共団体・企業などはそれを進める為にどういう努力をするのかといった指針(一般事業主行動計画)を作成し都道府県労働局に届け出なければならないということらしいです。ちなみに義務対象となるのは国・地方公共団体・従業員が301人以上の企業です。300人以下の企業は努力義務ということです。この法律は平成27年3月31日までの時限立法ということのようです。

どのようなことを決めなければならないかというと。。
・妊娠中及び出産後における配慮
・子供が生まれたときの父親の休暇取得の促進
・利用しやすい育児休暇と復帰しやすい環境
・短時間労働や子育て時間を確保しやすくする環境
・子供の看護などの休暇
・残業などの意識改革

なんてことをこうしますというように策定するようです。

私の会社は従業員が500人ちょっとくらいいるので当然上記法律の対象になっています。そういえば先月くらいに子育てに関するアンケートということをやらされたのはこのためだったのかと今分かりました。

何日か前の記事に書いたように我が家では年末に子供が生まれる予定です。会社としてそのような配慮をしていって頂けると大変ありがたい。子供が病気になって会社遅刻したり休んだりして「また?」なんて聞かれながら仕事したりするのやですから。でも本当に子供が調子悪かったりしたらそれはそれで親としては面倒見るしかないですから。それらをバックアップしてもらえる環境が本当に出来れば大助かりです。

ちなみに現在会社では「妻の出産時」には有給休暇とは別の特別休暇がもらえるのですが、たった1日だけです。仮に難産で48時間掛かりましたという場合はそれだけで有給休暇を割いたりしなければならないです。届けなんかももちろん平日だけですからまた休む。ということになりかねません。逆に「妻が亡くなった」なんて場合は10日位の特別休暇があります。生まれるのも死ぬのも重さは変わらない気がするので(まあ亡くなってしまうほうがキツイですが)もう少し休暇があってもいいような気がします。我が家は里帰り出産なんで1日だけの休暇ではまったく対応できないです。私の子供が生まれるまでにどうにかしてくれ~。ただうちの会社まだ産休とって復帰してくる女子社員が結構いるのであまり環境は悪いともいえないですが。。でももっとよくなることを祈りつつこの記事を終わりたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

夕刊フジBlogTitleList

Various Scenes

QR
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

yoshisuga

  • Author:yoshisuga
  • 茨城出身で茨城を飛び出した後、関東の海あり都県を移り住んで現在故郷の茨城にUターン。

    ●管理人への連絡方法●
    ご意見・お問い合わせ等ございましたら、下記メールフォームより用件を入力頂き送信をして頂ければ管理人へメールされます。もしくは、各記事より管理人にのみ表示にてコメントをして下さい。どちらでも閲覧者には匿名になります。メールアドレス記載頂ければ後ほどこちらから返信致します。お手数ですが宜しくご理解のほどお願い申し上げます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
記事を読んだら。
記事を読んでその場所に行きたくなったらここで予約をするがいい!

Amazon.co.jp
お買い物はアマゾンでしょ!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。