スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水戸市観光都市宣言

茨城県水戸市。私の出身地であり、現在住んでいる街でもあります。
mito0316.jpg

水戸といって思いつくものは。。

・日本三名園の偕楽園
水戸納豆
水戸黄門様(徳川光圀)


というものが挙げられます。
日本の観光都市といわれている都市の中でその都市をイメージ出来るものを3つ挙げなさいといって挙げられる街はなかなかないと思います。たとえそれが行ってみたくなるような観光地でも。例えば石川県の県庁所在地でもある金沢。3つ挙げられますか?でも水戸と金沢どっち観光行きたいですか?と聞いたらたぶん大多数が金沢と言うでしょう。この違いは何故?私は多分観光地の魅力もそうですが、地元の人の意識の差というものがかなり重要なファクターだと考えています。

例を挙げてみると
駅で今から観光に来た人が一日タクシーで観光をしたいとお願いします。そこでの反応。
金沢:「ようこそお越しくださいました。金沢には~のような魅力が沢山あります。1日と言わず色々巡ってください。」
水戸:「水戸に来ても面白いけ?いぐとこったってそんなねえべよ。」
というような受け答えになりそうな予感です。というかこれは実話。タクシーの運転手にかかわらず水戸市民の大多数がこのような受け答えするのではないでしょうか?仮に水戸市民が観光行って帰ってきました。まあTDLとか明らかに重要な観光地は別として特に取り柄も無い観光地に行って来たのに「良かったよ」というのは何が良かったのでしょうか?その何かが目的で行ってきてそれが満たされたということです。逆に水戸へ観光に来る方は水戸に何かを求めてやってくるわけです。そこでただ見て帰られるだけでなく、その時に触れ合った人たちなんかにいい所ですよ。是非楽しんで帰ってくださいねなんていわれたら多分その方はリピーターになる可能性はありますし、他の方にもそのことを伝える可能性があり、結果的に観光客を増やす可能性があるわけです。

私以前、自治体関連の観光を主とする部署の方と仕事をした時に私の考えを力説しました。「広く外にアピールすることも大切ですが、来てもらったお客様をいかに満足させるかも必要ではないですか?」と。茨城県民というか水戸っぽの性格もあるでしょうが受け入れるほうの意識改革を行わないと多分観光ワースト(埼玉・茨城はJTB調べで毎年ワンツー)を抜け出すことは出来ないなと感じているこのごろです。是非この記事観光協会の人に読んでもらいたい。一市民茨城親善大使(勝手に任命)として。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。過去の記事ですが、感激したのでコメント入れさせていただきます。yoshi_sugaさん、まったくそのとおり!!
いやー、私も常々おなじ気持ち・考えでいるのです。自分のHPで同じ内容のことを書いたつもりなのですが、yoshi_sugaさんの記事は私よりもはるかにまとまっていて読みやすいしわかりやすい!文章力の差が出てしまいました・・・(涙)。そうなんですよ、私も水戸人(周辺市町村を含めて)の意識から変えなくてはならないなと思いつつ、ささやかながらHPでアピールしているつもりなのです。で、この記事には終始共感します。私も頑張って更新しなきゃ・・・。

七味様

共感して頂きありがとうございます。
観光地の地域の人は観光地で食っていかなければならないっていう意識も刷り込まれていますから余計にそのような意識もある訳です。水戸はつまらないというのは実は地元の人が一番多かったりします。外に出て行くと皆さん地元帰属意識が強いのだからそれをもっと地元の良いところをアピールすることが必要ですね。お互いささやかながら頑張っていきましょうね。

地元のいいとこ

なんにしても土着的なんでしょうな。茨城は他所から来た人には面白くないし、住んでる人たちもつまらない土地柄なんですが、自然災害も少なく、ゆったりしてるんで観光とか短期滞在より住んでいいところかもしれませんよ。

水戸市はあまりに水戸黄門色だけ強くてそこから脱却してないんで、あまり水戸という地名にこだわるようでは未来はなさそうですな。

広域合併して「いばらき市」とかにして新しく生まれ変わるべきでしょう。水戸は名前負けしてしまってるんです。

らんらん様

>茨城は他所から来た人には面白くないし
これを地元の人がそう感じているうちは多分観光地として魅力は永遠に上がらないでしょうね!

歴史にこだわらず

歴史に押しつぶされて新しいモノが生み出せない状況にあるのも事実ですよね。

水戸は明治維新に乗り遅れてしまい、水戸の没落=全国の発展という暗い過去があります。

水戸は徳川時代の栄光から天狗党ら明治維新の先駆、最後の将軍の没落を経験した政争の場であり、観光という安らぎの空間ではなったのです。

武家の中心地で商人や町人文化の土壌がなかったことが今日も引きずってしまっているのではないしょうか。

身分制度

江戸時代には「士農工商」という身分制度があったようですがこれは水戸周辺の文化にあてはまります

士=お役所
農=農家
工=工業
商=流通・商店

商の発展が遅れてしまったことがつまらない原因です。

>歴史に押しつぶされて新しいモノが生み出せない状況にあるのも事実ですよね。
>水戸は明治維新に乗り遅れてしまい、水戸の没落=全国の発展という暗い過去があります。

う~ん、あまり個人的な反論はしたくないのですが、らんらんさんの思い込みではないですか?新しいモノが生み出せない状況の事実とはどういうものですか?水戸の没落?歴史はもっと大きな流れで判断したほうがよいと思いますよ。大きなお世話かもしれませんが。

>武家の中心地で商人や町人文化の土壌がなかったことが
>商の発展が遅れてしまったことがつまらない原因です

水戸の場合は、むしろ商業がお役所以上に力を持ってしまったことが良し悪しだと思いますよ。水戸の街が広範囲に発展しなかったのは明らかに地形の問題で、限られた面積を商業が独占しなければまた違ったかもしれません。

>茨城は他所から来た人には面白くないし、住んでる人たちもつまらない土地柄なんですが、

そう思っているのは地元の人ばかりなんですよ、本当に。
他県の友人を水戸に招待すると、ほとんど感激してくれます。特に偕楽園~千波湖には嫉妬心さえ持ってくれるほどです。茨城は東京に近いわりに平地も山も海も田舎もあって、興味の尽きない場所だと思いますが。
やはり地元の人の意識から変えていかなくてはならないのでしょう。

>水戸市はあまりに水戸黄門色だけ強くてそこから脱却してないんで
>歴史に押しつぶされて
>今日も引きずってしまっているのではないしょうか

文章を読む限りいちばん歴史を引きずっているのはらんらんさんだと思いますよ。
歴史に押しつぶされるほど、現在の水戸が歴史を大切にしているとは到底思えません。むしろ一部で利用してるくらいじゃないですか?
私は水戸の現状は歴史の責任だとは思っていません。むしろ、水戸人がもっと歴史を知って、かつての水戸のように強く光る個性を持つことが、現代で水戸の魅力を取り戻すきっかけになるのではないかと考えています。水戸の人が水戸を無条件で誇りに思えない限り、前には進まないような気がします。

出すぎたことを長々と申し訳ございませんでした。らんらんさん、水戸を良くしたいという気持ちは一緒だと思いますので、これからもよろしくお願いいたします。

鋭い意見ですね

>七味さま

風土といいますか、地方はどこも似たりよったりなんですが、水戸だけが特別遅れているわけではありません。

大型チェーン店なんかはむしろ先進的ですよ、京都の宇治の方へ行きましたが、あそこは観光地でイメージ崩せないとこもあってか京都でも茨城より田舎ですね。金沢は地方の中でもずいぶん華やかな都市であります。風情というか文化があるんですよね。

水戸は昔も栄えていた土地ではなく、武士を育てる学問の府でして、徳川家の権力を支える人材養成所のようなとこでしたんで、もともと文化があまり派手でないと思います。

歴史を大事にしてるのでなく、市民の意識の中で水戸黄門の町から脱却できない何かがあるように思います。TVでやってる水戸黄門自体が架空のモノなんですがいまだに根強く続いてるというのが不思議なものです。

茨城は水戸以外の日立・東海・ひたちなか・つくばなどは無味無臭で合理的で無機質な雰囲気ですよね。

水戸は交差点

>管理人さま
>七味さま

地形をよく見ていただくとわかるのですが、つくばから日立までの北東のライン(常磐線)は近代的だけど無機質な街並で、鹿島から鉾田・常陸太田・大子にかけての北西ライン(大洗鹿島線・水郡線)は未開で土着的なんですよ。

水戸はその交差点になるんです。両者の要素を水戸はもっているわけです。近代的だけど土着的なのが水戸市の姿です。

七味様・らんらん様

>水戸人がもっと歴史を知って、かつての水戸のように強く光る個性を持つことが、現代で水戸の魅力を取り戻すきっかけになるのではないかと考えています
↑物凄くいい言葉です。ちょっと感動しました。水戸っぽは実は水戸つまらないつまらないというんですが実は心の中では大好き。東大出よりも水戸一高。東京三菱よりも常陽てな感じで地元意識が結構強く、むっつりジモト愛ですね。その意識を表に出すのがなかなか難しいんですが、少しでも表にアピール出切るようになるといいんですけどね。最近芸能人でも茨城出身の人多く見られるようになってきました。それも少しずつかわりつつある茨城の姿だと感じています。

なんか意味不明な文章になっていますが、ジモトを愛する心は一緒です。すこしでもこのブログで皆様に共感して頂ける部分があれば幸いです。

茨城にゆかりのある人々

出身ではないんですが、茨城をこよなく愛した人はいます。

合気道の開祖 植芝盛平翁は晩年岩間で過ごし岩間に合気神社を建立しまして世界中の合気道愛好家の聖地です。

月光仮面や8マンなんかの漫画を描いた桑田二郎さんは大洋村に在住してます。

日本サッカー界に大きな足跡を残したジーコ監督も鹿嶋に縁がありますよね。

あと歴史では甲斐の武田信玄の祖先は茨城の勝田が発祥です。

らんらん様

オカリナの宗次郎さんなんかも(常陸大宮市)住んでいますね。意外といたりしますよね。文化人とか。宇宙飛行士の毛利さんとか、ノーベル賞の江崎さんとか。

夕刊フジBlogTitleList

Various Scenes

QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

yoshisuga

  • Author:yoshisuga
  • 茨城出身で茨城を飛び出した後、関東の海あり都県を移り住んで現在故郷の茨城にUターン。

    ●管理人への連絡方法●
    ご意見・お問い合わせ等ございましたら、下記メールフォームより用件を入力頂き送信をして頂ければ管理人へメールされます。もしくは、各記事より管理人にのみ表示にてコメントをして下さい。どちらでも閲覧者には匿名になります。メールアドレス記載頂ければ後ほどこちらから返信致します。お手数ですが宜しくご理解のほどお願い申し上げます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
記事を読んだら。
記事を読んでその場所に行きたくなったらここで予約をするがいい!

Amazon.co.jp
お買い物はアマゾンでしょ!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。