スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAX COFFEE

050331_2242~001.jpg

今日、久しぶりにマックスコーヒーを購入した。
毎日コーヒーを朝飲まないと気が済まないタチなのだが、今日何気なくマックスコーヒーが飲みたくなった。

そう、千葉茨城栃木の小学生がこれでコーヒーの味というものを覚えるあの大人には甘ったるくてすごい味の通称チバラキコーヒー「マックスコーヒー」です。今でこそメジャーになりお土産として喜ばれる?ご当地コーヒーですが、私が小学生くらいのころはコカコーラの自動販売機でコーヒーといえばこれだったのです。あの甘ったるさがまた子供心をくすぐるんです。いまでこそデザインは変わってしまいましたが、昔はまさに黄色いスイカでした。なぜか黄色の空き缶にスイカみたいな線がはいっている。なんやねんこれはというシロモノでした。昔はアホみたいに飲んでいたのですが、最近はあまりのまなくなっていました。ただたまに無性に飲みたくなるんです。それが今日でした。。。

マックスコーヒー(GEORGIA MAX COFFE)
千葉県野田市に本社がある茨城・千葉・栃木をエリアとするコカコーラボトリング「利根コカコーラボトリング(株)」オリジナルのコーヒー。ということで千葉・茨城・栃木しか売っていない(まれに違う地域にうっていることも)茨城の工場で作っているらしい。最近一部のマニアで熱狂的なファンがいる模様。この地を訪れた際にお土産として話のネタになることうけあい。「うわぁ~甘めーよ」と言いながら皆さんで是非飲んでみてください。
スポンサーサイト

フジテレビ。

どうでもいいのですが、最近

きっかけは~チャンチャン~フジテレビッ!

ていう自社の宣伝がフジテレビを宣伝しているというよりも、
ライブドアの宣伝のような気がしてならない。。

(買収の)きっかけは~チャンチャン~フジテレビッ!!
By たかふみ


なんか新聞の時事川柳みたいだ。。

きっかけは~特例債~

茨城県内で28日に

取手市(とりでし)
取手市と北相馬郡藤代町が合併(人口11万3475人 面積70平方キロ)
取手市ホームページ
筑西市(ちくせいし)
下館市と真壁郡関城町、明野町、協和町が合併(人口11万3819人 面積205平方キロ)
筑西市ホームページ
かすみがうら市
新治郡の霞ヶ浦町と千代田町が合併(人口4万5300人 面積119平方キロ)
かすみがうら市ホームページ

上記3市が誕生しました。
日本中いたるところで合併合併。私は仕事で自治体関連の業務を行っているので(公務員ではないです)今回の平成大合併に関して地獄のように仕事が増えて大変な状態でした。
茨城県では28日がピークで、いままでもこれからも合併は結構あるのですが、(神栖・古河とか)他の県の自治体のように(新潟とか浜松とか)複数自治体の大合併という例はは少ないです。多かった例で昨年10月に5町村(大宮町・山方町・美和村・緒川村・御前山村)が合併して出来た常陸大宮市くらいですかね。茨城県北部は日立市・常陸太田市・常陸大宮市・ひたちなか市とひたち~が多くなって紛らわしいですねちょっと。

ところで茨城県は自治体数が結構多く(町村が)もともと面積もあまり大きくありません。そのなかでも複数自治体が合併というケースがあまり多くないので合併してもまだ面積が比較的大きくないのが特徴です。取手にいたっては合併しても70平方キロ。静岡なんかは1000平方キロを超える面積ですし(海から日本アルプスの端まで)もう同じ自治体とは思えないような広さです。

茨城県には県人口300万人もいるのに大都市というものがありません。
一番の人口がある都市でも水戸市(26万4000人)という状況です。
10万人台の都市は層が厚くなってきましたが、300万県に中核市もしくは政令指定都市がないのはちょっと寂しいことです。(お店などの出店マーケティングなどで引っかからないとか。。)茨城よりちょっと人口が少ないけどほぼ同規模の県(京都・広島)茨城より結構人口が少ない県(宮城県・新潟)などには中核となる都市があるのに。(京都・広島・仙台・新潟)ただ北関東という土地は関東平野がのっぺりと広がる場所で一箇所に集まらなくても各自散々と暮らしていけるので大都市が出来にくい地域なのかもしれません。北関東で一番の大都市は栃木の宇都宮で人口45万人それについで群馬の前橋で32万、その次に水戸その下に高崎という順番です。その下に10万~20万の都市がだらだらつながっています。つくば・日立・ひたちなか・土浦・足利・佐野・小山・伊勢崎・大田という感じになります。もしこれら皆ほかの地方のほうに広域合併したらかなりの人口規模になります。群馬の前橋・高崎の隣接都市だけでも55万位、伊勢崎あたりでもかき集めて50万位、茨城ではつくば・土浦あたりの隣接都市だけでも50万位、水戸・ひたちなかでも40万位仮にそれらが合併したとしても面積はそれほど大きくならない気がしますので構想としては考えても妄想的なものではないです。へんな話水戸が静岡と同じくらいの面積を北に合併したら福島到達しそうです。人口も80万位になるのかな?南に合併したら土浦・つくばまで合併出来そうです、多分。現水戸市長の公約は50万都市構想だそうです。せめてそのくらいの規模にはなって欲しいです。おそらくその位が一番住み心地がよさそうな感じがします。いままでの経験から。(都会&田舎のほどよいバランス)

ところで合併の推進で期限内に合併をすれば、合併特例債という地方交付税の優遇措置が受けられます。去年の5月に合併特例法が改正され今年度3月31日までに合併を申請すれば4月以降合併しても財政上の優遇措置を受けられる(10年間)ということになりました。これにはちょっとした合併のコツ?があり地方交付税は4月1日を基点として交付するため4月2日に合併をした自治体は翌年度から10年間ですが4月1日に合併をした場合当年度も対象となる為、計11年間特例が受けられるというものだそうです。ということで3月31日合併の自治体も4月1日としたところが結構あり、4月1日には最多の44市町が合併するそうです。ちなみに茨城県は4月は合併ないです。しばらくお休み。もっと推進してもよかったと思いますがね合併。自治体数多いのでまだ。でも必ず自治体の名前と議員さんのしがらみでもめます。それの繰り返し。

ネオジオワールド(土浦)

第4回 ~ネオジオワールド(土浦)

前に記事にした、ナムコワンダーエッグのようなアミューズメントスポット「ネオジオワールド」です。いつの間にかに出来上がっていつの間にかに無くなっていました。そういえば東京お台場にあるネオジオワールドもいつの間にか閉鎖していました。今回の話は茨城県土浦市にあったネオジオワールドの話です。

ここにあった乗り物といえば
「ゴーストハンターズ」・・乗り物乗ってビームでやっつけろ!
「Q-ZAR」・・横浜マリンタワー(だったかな?)にもあったシューティングゲーム。皆で撃ち合い陣取りゲーム。
「ドリフトキング」・・レーシングカートで皆と競争
「アイマックスライドフィルム」・・おなじみTDLスターツアーズちっちゃいバージョンみたいな。
その他幾つかのアトラクションとゲームセンターぽいのがありました。

さらに日本発の真っ暗の中ブラックライトで照らされた中ボーリングをする。
「コズミックボウル」
ラブホテルみたいに部屋を選ぶカラオケやレストランが併設されたアミューズメントスポットでした。

確かここに行ったのは1回か2回。私的には好きなはずなのにいかんせん思い出があまりない。まあオープンしている時期自分は茨城に住んでなかったせいもあり、さらに微妙に地元からも距離があったので、なかなか行く機会がありませんでした。繁盛してなかったのでしょうか?なかなか茨城県ではお目にかかれないようなスポットでしたが今思うともっと行っておけばと思い残念です。

フレスポ赤塚

050326_1609~001.jpg

2000年3月25日に常磐線赤塚駅(南口)にスーパーのカスミをキーテナントとしたショッピングセンター「フレスポ赤塚」がオープンしました。ということで家が極近所の為、早速行ってみました。
050326_1646~001.jpg

店舗構成と感想ですが
「カスミ」・・・カスミの形態で2番目のランク「フードスクエア」。1番高級なのは本拠地つくばにある「グランプルシェ」次に「フードスクエア」→「フードマーケット」→普通の○○店となります。物凄い混みようでした。もう歩くのが精一杯。別に珍しいお店ではないのですが。。安かったかなこの日は。。ただ中におにぎりが美味しい「山翠」があったのでこれはうれしいです。
「マツモトキヨシ」・・・特段に目新しいものはないです。(水戸市6店舗目?)
「メガネスーパー」・・・私はメガネ使用者なのでこれから行くことになるかも。
「ピンクパンサー」・・・茨城県西のゲームセンター。UFOキャッチャー系多し家族向けか?ただ暫くしてからジャージを着たオニイサン達の溜まり場にならないことを祈ります。
「カプリチョーザ」・・・水戸市初出店。多分行かないだろう。。(ただ何かの記念にくれるオリジナルクマさんとかは好き)
「CoCo壱番屋」・・・チーズカレーとか結構好き。たまに行きそう。
「Access Moon」・・・地元でおしゃれな美容室。男性専用ブースとかあり結構いい感じ。
というような構成になっています。特段目新しいものとかないですがいいんです。便利になれば。ちなみにフレスポというのはフレンドリースポットの略みたいですね。ここの開発ベンダーは大和工商リースですが色々なところでフレスポという名前を使っているようです。

ところでこの赤塚駅南口の土地昔は日清製粉(だったかな?)の工場でありさらに最新のカートに乗れるカート場になり(よくお世話になりました)その後なかなか売れずに不良債権と化してましたが、カスミがオープンし、15階規模のマンションが2棟さらにカスミ反対側の土地には4月22日に茨城県初出店となる「ヨークベニマル」をキーとした「ヨークタウン赤塚」がオープンします。こちらは、食品・ファッションの2構成の「ヨークベニマル」・こちらも茨城初出店「ツルハドラッグ」・おなじみ100円ショップ「ザ・ダイソー」・あとイタリアンレストランなどがオープンするようです。なんかカスミと同じような店舗構成。しかもカスミはイオングループ。ベニマルはIYグループ。最近のスーパー勝ち組企業の代理ガチンコ勝負。どっちが勝つのでしょう?ただイオンは隣の駅内原駅前に秋に茨城県最大SC「イオン内原SC」をオープンさらにカスミの近所(1.5キロ位)にはもともと「ジャスコ水戸店」があります。ちょっとオーバーストア気味?

ただ本当に赤塚駅も変わったです。駅は橋上化し、北口には再開発ビルMIOS(15階建て位のマンションと福祉施設と商業施設)・病院移転(水府病院/ビルは結構大きい)・エスコート(マンション)なども出来ました。南口は上記説明した以外にも「石丸電気」「カワチ薬品」「ユニクロ」など一通りこの辺で生活できるものが揃いました。ただ何故に本屋が出来ないのだ?まあ最近「ファミリーブック」は出来ましたが。。まあ便利になるのはいいことです。
↓フレスポ遠景
050326_1240~001.jpg

続きを読む

船の図書館ドゥロス号

~第3回 船の図書館ドゥロス号~

2000年6月のある日横浜に世界中を廻っている「DOULOS号」という船が停泊中という新聞の記事を見て、山下公園に泊まっている「氷川丸」が大好きな私は興味深く尋ねていきました。

この船は、船上の書店、文化交流、教育的プログラム、救援慈善活動を通して寄港する地域社会に仕えたいという願いを込めて世界中を廻っているのだそうです。この中には世界35カ国300余名の人々がボランティアで乗り込み活動してるとのことでした。50万冊もの本を積んで廻っていることから別名「船の図書館」と呼ばれているそうです。

船内を見学するとまるで街のようです。発電設備・消防署・病院・気象台・郵便局・図書館・銀行・会議場・レストラン・美容院・学校・市役所など普通の街と同じような施設があり独立した社会として成り立っています。私が見学した日に、船に住む子供がなにか勉強をしていました。なかなかこういう機会に触れることが少ないのでとても貴重で有意義な体験だったのを今更ながら思い出しました。

*** 船の概略 ****
※1914年建造の船で現在も(2000年当時)世界を航海している最年長の客船。
もともとアメリカのマロリー汽船会社所有の「メディナ号」(蒸気船)という貨物船でした。1914年8月22日に初進水し、玉ねぎを主に運んでいました。およそ30年貨物船として活躍後、ジェナティヴァ・グループの所有となりパナマ船籍になりました。そこではローマへのキリスト教の巡礼者を乗せるのが主な役割でした。1952年オークションにて買い取られディーゼルエンジンを積み客室も改装しカジノや映画館なども出来た最高級の観光船になりました。船の名前もフランカ・Cとなりました。その後古くなり廃船することになった際にドイツの非営利団体GBA(Good Books For All)が1977年11月4日に購入し、現在に至っています。

M.V.DOULOS 船舶技術資料
船籍:マルタ共和国ヴァレッタ
コールサイン:9HKF
船舶登録番号:0310
建造:1914年米国ニューポートニュース社
改造:1949/1953/1970/1993年
エンジン:FIAT-GMT製 V-18シリンダー ミディアムスピード
船種:客船
収容人員:414人
制動馬力:8100馬力
巡航速度:10ノット
総トン数:6804トン
全長:130.35m
最大幅:16.60m
(見学時もらったパンフレットから抜粋)

水戸大工町再開発事業

水戸市の大工町1丁目地区市街地再開発事業で、事業主体の再開発組合(西野一郎理事長)は、公募型プロポーザル(提案)方式で業者選定を進めていた実施設計業務の最適設計者に㈱INA新建築研究所(東京都文京区白山3丁目)を決定、今月16日までに正式契約を結んだ。

日本工業経済新聞社水戸支局2005/03/19記事引用

ということで、水戸の繁華街の大工町(だいくまち)の再開発事業が着々とすすみつつあります。この開発の概要は、大工町1丁目地区の1・5haに、◎ホテルオークラが運営(多分オークラフロンティア)するホテル棟。◎分譲住宅マンション棟。◎商業・サービス施設の店舗棟。◎立体駐車場。の4棟を建設する計画だそうです。敷地面積は約9600㎡で施設規模は、地下2階地上25階建て(高さ88m)で、延べ面積は5万5900㎡、建築面積は約7500㎡。というものでなかなかの規模となります。ホテルオークラ系のホテル(おそらくオークラフロンティアかと)など水戸ではあまり聞きなれない小洒落た感じのものが出来そうです。

上記話題は私の旧HP(Various Scenes)でもかなり前に取り上げていたほど(当時の記事)期待してました。当時(3年ほど前)から多少計画変わってますね。ビル階数17階→25階とか。大工町の今は、歓楽街として夜タクシーと運転代行の車しかないような場所ですが、昼間も楽しめる場所になればいいと思います。近所には今年大規模改装オープンの「水戸京成百貨店」も出来ますし、今駅前に流れている人の流れを少しでもこちらにもってこれればいいのですが。。とにかく期待しています。早く完成しろ~。

しかし最近の水戸私が生まれてからないくらいの開発ラッシュ&ホテルラッシュです。
開発 :水戸駅南口再開発・大工町開発・赤塚駅前開発など・・
ホテル:東横イン/テラス・ザ・ガーデン水戸/スーパーホテル/県庁近くに新ホテル/テラスザガーデンの対面にはロイネットホテルなどなど・・
ちょっとオーバーホテル気味かな??

モータウンカフェ

第2回 ~モータウンカフェ横浜~

アメリカンテイストなカフェというのは、ハードロックカフェなどがありますが、今日のお題はハードロックではなくてモータウンです。このモータウンカフェはもう横浜にはありません。日本では仙台にまだあるのかな?とにかく横浜店は日本初上陸だったわけです。(OPEN)2000年4月27日~(CLOSE)2001年10月18日という短い期間の営業でした。(儲からなかったか?)場所は横浜駅近く東急ハンズ前あたりでした。

ちなみにモータウンというのはダイアナ・ロス、スティービー・ワンダー、マイケル・ジャクソン等のアーティストを輩出したブラックコンテンポラリーミュージックの老舗レーベルのことで1959年にデトロイトで発祥したそうです。

それらのミュージックをコンセプトにしたカフェだったのです。はっきりいってメニューはハードロックカフェなんかと大して変わらないような感じでした。ただ時間ごとにアーチストのライブなどを行ったりしてとても感じのいい場所でした。
当時自分の結婚式の2次会の場所を探していてここも有力候補として入っていました。というか結婚式直前で閉店とは。。(結局はブリーズベイホテル内のイベントスペースでした。。)心も体も田舎者の私にはなんか都会的雰囲気を感じさせてくれる場所でした。当時会社の同僚などとこの手のお店結構行きましたがここは結構お気に入りの場所でした。

何故、私の気に入ったお店は無くなっていくのだろう。。

ナムコワンダーエッグ

第1回 ~ナムコワンダーエッグ~

ナムコワンダーエッグとはゲーム関連のナムコが運営し1992年2月29日に開園し2000年12月31日に閉園した期間限定のテーマパークでした。場所はエッグということから推測できるニコタマ(二子玉川)にありました。開園後ワンダーエッグ2とか3とかバージョンUP?し「たまご帝国」などのものが出来色々楽しめる場所でした。写真(小さいですが)は多分閉園する少し前にいったものなので、ワンダーエッグ3のものです。ここのワンダーエッグの出来事といえば西村知美さんが結婚式を挙げたことが有名でしょう。私はここの

「ギャラクシアン」
本当に乗り物に乗っている感覚でシューティングゲームが楽しめる(TDLのスターツアーズ+ゲーセンのシューティングゲームのような感じ)

「ドルアーガの塔」
乗り物にのってただひたすらに敵を撃つ

が大好きでした。ある意味舞浜のかわいいネズミさんがいる場所よりお気に入りでした。
あ~もう一度行きたいなワンダーエッグ

刺激のない日々

最近ちょっと刺激が少ない日々です。

茨城に生まれて田舎でのほほんと18年間過ごしてきました。
大学に入り千葉でちょっとだけ東京圏の刺激を受けました。

社会人になり10年弱、東京~横浜辺りで暮らしていくのが普通になってきました。2年ほど前、思い立って実家のある茨城に戻ってきました。

戻る時は。。
「殺人的な通勤ラッシュはもう味わいたくない」
「人が多くてもう落ち着かない」
「やはり東京は人が住むところではない」

なんて思って故郷にに戻ってきましたが、昔生まれ育った時の感覚とはなにかが違うのです。故郷は大好きですが、色々な町を経験したことで(10回弱引っ越したことがある)昔から当然と思ってきた地元のよい面や悪い面がはっきりわかってきたからだと思います。

上記の感覚は解消しました。通勤も車ですし、人も少ない。
周りの景色がゆっくりと流れていくのがわかります。それもまたよし!
普段の暮らしにはむしろこっちのほうがいいです。

ただ最近、東京辺りにいたころのように街を歩いていて新鮮さを感じることがほとんどなくなってきました。車で動いているからかもしれませんが。。
ゆっくり自分の目線から街を感じ取ることがなくなってきました。

そんなことからは最近刺激がなくなってきたなと感じている日々です。

沼南戦隊テガレンジャー

私が、その謎の戦隊に出会ったのが、数ヶ月前。。
うちの子供は2歳になるのだが、デカレンジャーを毎日ヘビーローテーションで見ているある日のことでした。

それは、3月28日に千葉県柏市と合併してしまう千葉県東葛飾郡沼南町の役場へ、合併の打ち合わせ(私はエンジニアなのでシステム統合の話)に行った時でした。
「うちの子供デカレンジャーばっかりみてもうやんなっちゃいますよ」なんて上司と話していた時、役場に1枚の写真がありました「デカレンジャー・・・」なんで役場にデカレンジャーの写真なんか貼ってあるのか?なんてよく見ると・・デカレンジャーじゃなくてテガレンジャー
手賀沼を守る正義の戦隊。。まさにツボ。その日からテガレンジャーファンとなりました。
さらに公式HPまで・・
これです→沼南町青年会議所

いい。。この安っぽさ。。
050315_1526~002.jpg

都市銀行

茨城県には都市銀行があまりないです。
私の住む街、水戸市にある都市銀行は

みずほ銀行
東京三菱銀行

上記2行しかありません。昔富士銀行がありましたが、今はみずほ銀行となっていますので、一昨年?2支店あるみずほ銀行が店舗統合により1店舗となりました。県庁所在地でさえこれです。
茨城には、常陽銀行という地銀上位銀行があり(他、茨城銀行(第2地銀)・関東つくば銀行)茨城県民なら1人1枚常陽のキャッシュカードをもっているという状態です。
但し、私は以前東京の会社に勤めていたこともあり、メインバンクはみずほなのですが、みずほは茨城県内4店舗(日立・水戸・取手・古河)のみ。。しまいにはみずほ銀行の行員から「手数料とられすぎですよ!」と言われる始末。
だったらATMくらいもっと増やしてよといいたいのは我慢しましたが。。
さらに最近JRAのA-PAT(お馬さんの馬券をパソコンから買えるもの)を契約しましたが、なにを間違ったか三井住友銀行を指定銀行にしてしまい、三井住友にいたっては、さらに数が少ない。。
私はシステムエンジニアで以前東京三菱のシステム開発をしていたことがあり水戸にも店舗があるのでそっちにしようかと思っていたのですが、何故か契約時関係ないのですが、中山エミリの「三井住友」ビザカードのCMが頭から離れなくなり、三井住友銀行にしてしまいました。

今回UPした写真は(写り悪いですが)取手駅です。ここには私のみずほ・三井住友と2つの要求を満たしてくれる店舗があります。ちょっとうらやましいので写真UPしてみました。
というか今日たまたま行ったので。(横浜ウォーカーも取手駅で売っていた。。素晴らしい!)

050315_1216~001.jpg

長い愚痴でした。。
たのむからみずほ銀行様水戸駅でいいから出張ATM設置してください・・・

横浜ウォーカー

超横浜―横浜ウォーカー

角川書店 (2004/03)
売り上げランキング: 543,295
通常1~2週間以内に発送

今更ですが。。横浜ウォーカーです。

今茨城の水戸に住んでいる手前この本を買うのが非常に難しい。。
横浜にすんでいる時はコンビニだろうが、キオスクだろうがどこにでも売っているのに。。
別にこの本を買って情報をあつめるんだっぺ。(茨城風)というわけではなく、創刊号からずーっとテレビガイドの替わりに買っているから惰性で茨城でも買っているということです。

ただ横浜(神奈川)では普通に買えるこの雑誌水戸では入手困難。水戸の本屋さん数件でしか入手できません。別にこの記事が読みたいという訳ではないのに、隔週火曜日になると意地でも購入しにいきます。いつ止めようかとか、定期購読とかにすれば楽なのにと思いつつ本屋で買うのが日課となっています。

話はそれるのですが、水戸には(茨城には)本屋が少ないです。(新書で買う)レンタルビデオ屋にセットになっている本屋なんかはそこそこありますが。。紀伊国屋書店とかジュンク堂とか探す楽しみのある本屋がまったくといっていいほどないです。水戸の2大本屋さん(川又書店・ツルヤ(もうない。。))でも物足りないし。。なのに何故か古本屋さんは増殖している。。どこで本を買っているんだ茨城県民。古本屋(含むブックオフなど)に売りにいく本もマンガとかしかないのか?茨城県。
どうにかしてくれ~。

水戸駅ビルEXCEL

茨城トリビア「水戸駅ビルEXCELの名前は茨城県北にある私立高校の先生が命名」

というようなくだらない話からはじまりましたが、今日仕事中に、つい先日改装オープンした駅ビルに行く機会があり遅ればせながら見学してきました。だから茨城は田舎といわれてしまうのですが、私の注目は「ソニープラザ」・私は男性なので全く関係はないですが「ナチュラルビューティーベーシック」・新宿の会社に勤めていた時(注1)オネー様方のこいつイタイ奴じゃないの?という目線を浴びながらやせる水(コントレックス)を買いに行っていた「イッツ・デモ」(注2)なんかでしょうか?特に東京近郊に住んでいる人にとってはなんら物珍しくないお店ですが、ここは茨城水戸、平日の雨の中大変な盛況でした。ちなみに駅ビルのHP→水戸駅ビルエクセルHP 
(注1)ちなみに私は茨城水戸が地元ですが、最近まで横浜に住んでいました。
(注2)第一号店は横浜日吉だったような???なくなった?

負けじと隣接する丸井も改装オープンでした。ただ珍しさもあって駅のほうが盛況だったような気がします。(ただ丸井の休日の駐車場の混雑はスゴイ)

そのことを会社に戻って話していたのですが、そこで意見が。。
「茨城らしく駅ビルをイオンにすれば?」
イオン水戸駅ビルステーションモール。。。

前略。花粉様・・・

私と受精しても子供できませんから。残念!

というように、女の子にはモテナイのに毎年花粉にだけは私の子供作ってと迫られている毎日です。ブログ作成1行目に受精とはなんともハレンチ?な言葉で始まってしまいましたが、今流行に後れないためにも、と思い本日開設です。というか同名のHPを数年前一生懸命更新していたのですが、今は完全に放置プレイ状態なので、これからはこっちをメインにしていこうかなって思っています。更新ラクだし。。上記HPもテキスト系でしたので、こちらのほうがなお都合いい感じ。

これから、日々感じたことを私の目線から感じたままコメントしていこうと思います。

夕刊フジBlogTitleList

Various Scenes

QR
カレンダー
02 | 2005/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

yoshisuga

  • Author:yoshisuga
  • 茨城出身で茨城を飛び出した後、関東の海あり都県を移り住んで現在故郷の茨城にUターン。

    ●管理人への連絡方法●
    ご意見・お問い合わせ等ございましたら、下記メールフォームより用件を入力頂き送信をして頂ければ管理人へメールされます。もしくは、各記事より管理人にのみ表示にてコメントをして下さい。どちらでも閲覧者には匿名になります。メールアドレス記載頂ければ後ほどこちらから返信致します。お手数ですが宜しくご理解のほどお願い申し上げます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
記事を読んだら。
記事を読んでその場所に行きたくなったらここで予約をするがいい!

Amazon.co.jp
お買い物はアマゾンでしょ!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。