スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(第20回)銚子市

oohasi.jpg

なんか銚子大橋なんか走ってたりする・・・
そして到着したのが千葉県の銚子市役所です。
chosi.jpg

結構立派な建物です。銚子市は人口が7万5千位の街にもかかわらずこの辺の中心都市ということもあり結構栄えています。雰囲気のいい街です。私は好きな街ですね銚子。でも水戸から向かったら遠い・・・
銚子市役所
スポンサーサイト

(第19回)柏市

kasiwa1.jpg

今日は茨城県を飛び出して千葉県柏市です。
サッカーの柏レイソルのホームタウンなだけに知名度はあるでしょう、比較的に。去年隣の沼南町と合併しました。ということで人口も結構増えて今は38万2千人強。昨年は市内にTXことつくばエクスプレスも開通してますますいい調子。千葉県きっての商業都市です。多分単独の駅前の充実度は日本でも有数の都市でしょうね。ということで千葉県の隣接している我孫子市なんかはもちろん茨城県の県南地域はかなり柏市に買い物にいきますね。プチ渋谷ですから、柏。ここまで若者サイドに寄っている街もなかなかないですからね。柏市には東京外観をぐるっと回る国道16号線と水戸街道といわれるいわゆる国道6号線の主要な道路が市内を縦横断しています。しかもその国道が交差しちゃったりするんで市内の渋滞はひどいですね。そう「呼塚」(よばつか)。BayFMの渋滞情報でここの地名は聞かないことがないくらい。しかもこの場所市の中心部に程近いのでさらにタチが悪いです。ホント混んでますね。
呼塚
しかも市役所もこの近所。いつも行くとき大変なんです。というか常磐道柏ICを下りる前から渋滞してたりするし。でもICから市役所までの超郊外店舗密集地帯(多分日本でも有数の集積度)結構好きだったりします。仕事そっちのけで車の窓から眺めて楽しんでしたりします。
kasiwa2.jpg

ということでなんか雑談みたいになってしまいました。

(第18回)牛久市

060209_1530~0001.jpg

今日は茨城県のいわゆる県南といわれる場所に位置する「牛久市」(うしくし)です。なんか「牛久」ってだけ書くと焼肉屋さんみたいですね。ちなみに牛久市は人口7万7千弱でJR常磐線で上野まで約60分の東京通勤圏でベットタウン色が比較的強い街です。駅前には関西系スーパー「イズミヤ」なんかあったり昔の公団今はUR賃貸の「エスカード牛久」なんてのもあったりします。ちなみにUR賃貸は北関東は茨城にしかないはず。。水戸の双葉台にもあったり。ということでやはり北関東っぽくない雰囲気。

ところで牛久といえば「牛久大仏」もう皆様ご存知世界一大きい大仏さまです。その高さ120メートル。ちなみに茨城県内で最も高いビル「茨城県庁」は25階建てで116メートル。それよりも大きいのか!大きすぎる!関東地方の中学生が修学旅行で必ず訪れる奈良の大仏、当時デケーなという思い出があったのですが、牛久大仏のてのひらに乗っかってしまうというくらいですからもはや異次元の世界です。一度なかにはいればご利益もさぞ120メートル級でしょうね(?)さぞ土屋アンナもフカキョンも唖然としたことでしょう。

牛久の名所といえばもともとこちらが本命でした。昔は「牛久シャトー」と呼んでいた筈の「シャトーカミヤ」。明治36年に神谷傳兵衛(かみやでんべい)さんが建設した日本で初めての本格的なワイン醸造場ですね。ところで神谷傳兵衛といえば「デンキブラン」で有名な浅草の「神谷バー」ですね。萩原朔太郎なんかの著名人なんかもこのバーを愛したそうですね。ちなみに私の父は神谷バーの物凄く近所に住んでいたりします。関係ないですけど・・・そういえば写真見てください市役所の珍しいですよねピンクというかムラサキというか。もしかしてワインの色なんでしょうかね?

(第17回)城里町

本日は「東茨城郡城里町」(ひがしいばらきぐんしろさとまち)です。ちょうど1年ほど前に「常北町」「桂村」「七会村」の3町村が合併して新設された新しい町です。もともと旧七会村は茨城県で最小の人口の村でしたし、桂村・常北町ともあまり大きな自治体ではありませんでしたので合併しても2万3千人弱の人口しか今でもいないところです。でもこれでも水戸市の隣町。もともと常北町は水戸市と合併をするということで平成の大合併の前から話は進んでいたのですが休止となってしまい結局この形に落ち着きました。旧七会村は小さい自治体でしたが某「日経コンピュータ」だったかな?で、もっとも情報化が進んだ村日本一になったこともあったりした場所です。でも申し訳ないですが何もないところですが。。。現在ここの一番有名な施設は「サテライト水戸」。競輪の場外車券場でしょうかね。ほかには自然豊かな環境だったり以前私がちょっと紹介した「ホロルの湯」や、新鮮な野菜が手に入る「道の駅かつら」なんかマイナーだけれどちょっといい施設があったりします。そういえばつくばにあった施設「自動車研究所」なんかも移転してくるんですね。水戸市あたりの自然散策スポットという感じですかね~。

城里町本庁(旧常北町役場)ここはあと2棟ほど庁舎あります。
051219_1000~001.jpg

桂支所(旧桂村役場)写真の裏手に綺麗な図書館があります。
060206_1222~0002.jpg

七会支所(旧七会村役場)はっきり言って周り何もない・・・
060206_1146~0001.jpg

(第16回)鹿嶋市

060201_1526~0001.jpg

今日は鹿嶋市。昔は「鹿島神宮」の町、「鹿島臨海工業地域」(私が習った頃はこう言ったと思う)くらいしかイメージがない場所でしたが今では有数の全国区の街になりましたね。J1のクラブチームがある場所で一番規模の小さい自治体ですね。同じような規模の「磐田」は合併してしまいましたからね。当初県とかの目論見は鹿行辺りの地域(「行」は違うか?多分(鹿島町・大野村・潮来町・神栖町・波崎町)を皆合併させたかったんでしょうね。そうしたら結構大きい自治体になってますね今頃、19万人くらいかな大体。あと当時から勘違いしてたのは前出の工業地域。鹿嶋に核があるかと思ったら神栖なんですねほぼ。どうりで神栖は財政良い訳ですね。

私は鹿嶋は通学路でしたね、学生時代。良く走ったものです国道51号線。当時はバイパスなかったので旧道でせっせと千葉のほうに向かって走ったんですね~。

(第15回)流山市

051220_1049~001.jpg

今日は茨城県をちょっとだけ飛び出して「千葉県流山市」です。多分茨城県の人には「常磐自動車道」を走っていて柏を過ぎた後「流山IC」という表示ぐらいしか馴染みがないでしょうね、多分。でも最近「つくばエクスプレス」が市内を通るようになりその中の「流山おおたかの森」なんて駅が出来てここは「東武野田線」と交差する駅でこれからの発展が見込めそうですね。ちなみに市の人口は15万人超で場所は千葉県の北西部で埼玉の三郷市なんかと隣接しているような場所ですね。話は戻って多分東京から見ても地味な都市でしたがなんといってもTXです。今まで東武野田線とか流山電鉄とか東京直結の電車がなかったのですが、今度は直結。しかももともと都心から30キロ圏内と近いですから少しずつ変わっていくんでしょうね。私は好きです「ながれやま」という響きが。

(第14回)北茨城市

051219_1511~001.jpg

はいはいネタが無くなってきたら自治体写真館。
今日は茨城県の「北茨城市」です。

北茨城市はきたいばらきというくらいなんで、茨城県の太平洋側最北端の市になります。北は福島県のいわき市に隣接、南は高萩市に接しています。人口は約5万人ですね。意外と著名人を輩出している土地ですね。最近なんかだと元「米米クラブ」石井竜也さんなんかも。何気に北茨城市のイメージソングなんかを創っていたりします。(タイトルは「やさしい町」北茨城市のHPから聞けるんですね)

北茨城市の著名人といえば「野口雨情」。誰もが知っているあのメロディ-、「シャボン玉」「赤い靴」などを作った人ですね。市内にも生家や記念館などがあります。あと出身ではないですが、北茨城市内にある大変風光明媚な六角堂を愛した日本美術院創設の「岡倉天心」などと非常に文化的な土地ですね。ということで市内至る所に観光スポットが点在します。さらには海に面しているということで茨城県でも有数の漁港「大津港」なんかもありお魚も美味しいぞ。北茨城市の中心の駅であるJR常磐線磯原駅から程近いところに「山海館」などの旅館などが点在してますので泊まりにきて観光して、夜は海の幸を堪能出来るいい場所です。今書いたのは皆海に面した辺りですが実は北茨城市の8割は山林で市内西のほうに行くと「花園渓谷」なんていういいスポットがあったりします。うん茨城県でも有数の観光スポットをもつ都市ですね。

ところで、商業的なお話。北茨城市、昔は「常磐炭鉱」の中心地として栄え活気があったのでしょうが現在はこの辺りですと商業はおそらく北はいわき市、南は高萩市などにスポイルされている感じでしょうかね。中心地にジャスコがあるのですがそこも撤退とちょっと寂しい感じです。一通りの買い物は出来るのですがキーとなる店舗がない感じですね。最近ヨークベニマルがキーテナントの「ヨークタウン中郷」が出来ました。これをきっかけに商業を盛り返すことが出来るか!工業は意外と工場なんかが進出していて立派なんですけどね。

ということでなんかパンフレット的な紹介しかしてませんがこの辺で。ちなみに北茨城市の市庁舎は茨城県内でも比較的立派ですね。場所がちょっと高い場所にあるので以下の写真のように役所の駐車場から海を見渡せます。ちょっといい感じ。
051219_1512~001.jpg

(第13回)石岡市

051124_1320~001.jpg

今日は石岡市です。石岡市はその大昔に常陸国の「国府」があった場所ということで昔からの由緒ある街です。石岡市のHPにもありますが1300年の古都というくらいで、茨城県最古の都市ですね。つい最近お隣の「八郷町」と合併し新生石岡市となりました。人口は8万3千人位。面積はほぼ水戸市と同じくらい213.38平方キロです。場所はというとちょうど水戸と土浦の中間地点くらいのところにあります。ということでぎりぎり水戸にも意識が向いている人がいる南端あたりになりますかね。石岡市ももともとの中心商店街は駅前からありますが(私の印象だと物凄く旧古河市中心部に似ていると感じている)何処の町でも郊外化。今はどちらかというと国道6号線に沿って郊外店が発展している感じですかね。意外と大きいJUSCOあったり。一通りの買い物はこちらの通りでという感じです。でも石岡はお店があるけど国道が貧弱なのでいつも渋滞。ちょっとなんとかならないですかね。

石岡といえばなんといっても「石岡のおまつり」(正式には「常陸國總社宮大祭」)。マイナーですけど、実は毎年40万単位の観光客が集まるおまつりです。何故か茨城県に多い3大~ですが、このお祭りは関東3大まつりの一つになっています(佐原の大祭(千葉県),府中のくらやみ祭 (東京都))。合併したことによって「茨城県フラワーパーク」やら日光去る軍団にも負けないお猿さんがいる「東筑波ユートピア」なども市内になるわけですね。もろ筑波山の麓町になりました。あと日本や世界には多大な貢献をしているのですがこれのおかげで茨城県の発展が大きく虐げられているのではないかと言われている柿岡の気象庁「地磁気観測所」(もとは東京の赤坂で始まった)なんて変わった施設も石岡になりました。あそういえば「常陸風土記の丘」には巨大獅子頭の展望台なんかあったりして。ということで意外と観光スポット多い場所なんです。八郷が加わったことで。筑波山もしかり。あ!あと地味ですが「ギター文化館」なんてのもあるんですね。前友人が行ったら館長にこってりとギター談義を受けてきたようです。自然スポット有り梨などの果物の特産物あり、さらには東京から特急で約1時間。意外な隠れレジャースポットですよ石岡。是非機会があれば行ってみては?

(第12回)小川町

051124_1530~002.jpg

今日は茨城県の小川町です。小川町は東茨城郡というところに属している人口2万人弱の町です。ちょっと見てくださいよ町のHP。自治体のHP見たらFLASHムービーなんて最初に出てくるところないですよ。小洒落てますね。飛行機がびょーんと飛び立つの。

ところでこの小川町は来年に合併することになっています。名前は「小美玉市」(おみたまし)。隣の玉里村・美野里町と合併するからおみたまということですね。ところで合併する美野里町には「みの~れ」っていう自治体の三セクにしては成功している施設があったりしますね。ちなみに本庁は美野里町になる予定です。

ところで小川町には特徴のあるものがありますね。自衛隊の「百里基地」。自衛隊の飛行機がぶんぶん飛んでいたりしますね。茨城では意外と珍しい光景ですね。その百里基地を民間と共用しましょうということを今茨城県では推進していますね。うまくいくにしろ行かないにしろ茨城から「大阪」や「札幌」なんかが気軽に行けることになるのはいいことですね。私は飛行機嫌いだから絶対乗らないけど。。

あ!忘れていた。そういえば小川町には日本一の納豆メーカー「タカノフーズ」の本社がありましたね。おかめ納豆。

意外と小川町と、美野里、玉里(絶対石岡と合併すると思っていた)が合併すると面白い市になるかもしれませんね。でも商業は物凄く弱い所が集まっちゃったけど。。小川町は飛行場があったりと結構合併ではもてもて自治体だったんですね。多分水戸市も欲しいところでしょうね。飛行場できたら。。

(第11回)阿見町

051111_1423~001.jpg

はい。話題がありませんからまた自治体写真館です。
今日は「阿見町」。土浦市に程近い場所ですね。最近の大合併でお隣の優良自治体「美浦村」と合併して「霞南市」となるはずでしたが、結局はご破算となってしまいました。この合併が上手くいけば結構珍しい健全自治体同士の合併となるはずでしたが、合併とはやはり難しいものです。

051111_1424~002.jpg

阿見町は人口4万8千人弱を誇る大きい町です。土浦や牛久に近いことで判るように茨城県の県南地域にあってある意味東京のベットタウン的な一面ももっていますし、町内には「茨城県立医療大学」があったり、もちろんその付属病院もあるし、「茨城大学農学部」があったり、「東京医科大学霞ヶ浦病院」なんてのもあったり何故ここに集中?というくらい医療・研究関連機関が集まっています。さらには「陸上自衛隊霞ヶ浦駐屯地」「防衛庁技術研究所」「陸上自衛隊武器学校」なんてのがあったりと国・県関連の施設も集中投下されています。さらに工業団地なんかもあったりととても町には思えないくらいの充実度を誇っています。ということからもちろん茨城県内でも財政的には比較的恵まれた自治体ですね。さらにはなんとか東京通勤圏内ですから整然と住宅地が形成されていたりしている反面、霞ヶ浦~という名称が多いことからもわかるとおり霞ヶ浦に面した町ですからある意味マリン系の風景も見ることが出来ます。町並みは一般的な郊外型店舗が多いのですが、あんまり茨城っぽさを感じないですね。当初の目論見どおりお隣JRAで有名な美浦村と合併していたら一風変わった特徴のあるし、財政でも超優良な物凄い市になっていたでしょうね。

051111_1425~001.jpg

ということで庁舎も町にしては立派ですね。

夕刊フジBlogTitleList

Various Scenes

QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

yoshisuga

  • Author:yoshisuga
  • 茨城出身で茨城を飛び出した後、関東の海あり都県を移り住んで現在故郷の茨城にUターン。

    ●管理人への連絡方法●
    ご意見・お問い合わせ等ございましたら、下記メールフォームより用件を入力頂き送信をして頂ければ管理人へメールされます。もしくは、各記事より管理人にのみ表示にてコメントをして下さい。どちらでも閲覧者には匿名になります。メールアドレス記載頂ければ後ほどこちらから返信致します。お手数ですが宜しくご理解のほどお願い申し上げます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
記事を読んだら。
記事を読んでその場所に行きたくなったらここで予約をするがいい!

Amazon.co.jp
お買い物はアマゾンでしょ!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。